株 完全自動売買、システムトレードを VBAで実現する方法

株取引をしていて、以下に当てはまる人いませんか?

・リスクを減らすためにデイトレードをしたいが、仕事をしているため出来ない人
・いつも寄付きで買ってしまい、高値をつかまされることが多い人
・パソコンに自動で売買させて、悠悠自適の生活を夢見ている人

こんな本があります。デイトレーダー徳山秀樹式月100万円が自然と稼げる!株の完全自動売買
この本を読んで完全自動売買をしようと思った方は多いと思います。ただし、この本は一番大事だと思われる実際にどのように自動で注文を出すのかに関しては書かれていません。本屋に行ってもそんな本ないし、ネットで探してもどうすればいいのか書いてあるサイトは見つからないと思います。多分みんなで内緒にしているのではないでしょうか。

必要な情報をお売りいたします。
VBAによって自動売買をする為の必要最低限の情報すべてをお売りします。ここでお伝えする情報を使えば「このやり方が判らない」「この方法の情報がない」ということはなくなるはずです。特に市販のVBAの教則本には書かれていない内容について説明します。市販のテキストにかかれているようなVBAに関する基礎的なことは説明していません。この情報と市販のVBAのテキストが一冊あれば自動売買が実現する情報がすべてそろうはずです。
ここで紹介する方法の完全自動売買はマイクロソフトのExcelについてくるVBAと楽天証券のマーケットスピードとリアルタイムスプレッドシート(RSS)を使用します。ここで紹介する方法で自動売買を実現するにはExcelがインストールされているパソコンと楽天証券の口座を開いていることが最低限必要です。

この情報は、マクロの作り方についての手順のを一から教えるものではありません。あくまで一般のテキストに書いていない完全自動売買実現のために必要な情報をまとめたものです。マクロを書いたことない人は市販のテキストなどの助けが必ず必要です。プログラムをまったく書いたことがない人は、市販の初心者用VBAの本をみて、条件分枝とループを使ったマクロを書いてみてください。その後、市販の本に書いてあるIEを起動させるマクロを書いて動かしてみて、私が紹介する証券会社にログインする方法などを追加していくやり方がいいと思います。プログラムをまったく書いたことない人はとにかく書いて動かして覚えてください。テキストを熟読するよりも動かしてみれば、面白いですし覚えも早いです。

内容は以下になります。

・自動的にIEで入力フォームに値を入力して送信する方法
・入力フォームやボタンの名前が特殊なためにアクセス出来ない時の対処方法
・フォームで分かれているホームページに入力する方法
・入力フォームやボタンの名前を見つける方法
・アイデア。銘柄コードの”.T”や”.OX”を自動で取得する方法
・エラーが起こっても続行する方法
・一定時間マクロを停止する方法
・一定時間ごとにマクロを起動する方法
・前場が終わってから、後場がスタートした時にRSSの値動きがストップするのを防ぐ方法
・決まった時間に自動でマーケットスピード、RSS、マクロをスタートする方法
・Excell上で時間を比較する方法
・自動でパソコンを再起動させる方法
・自動でパソコンを起動させる方法
・WindowsXPの設定注意事項
・アイデア。非常事態のときに携帯電話で自動売買をストップする方法
・アイデア。銘柄選びの自動化

株 完全自動売買、システムトレードを VBAで実現する方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30676376

この記事へのトラックバック

新年のご挨拶
Excerpt: あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 さて、昨年末からアナウンスしておりました斉藤正章が提唱している移動平均線からの乖離率を利用したシステムトレードの手法を導入することを予..
Weblog: スイングトレード向け、明日買う株、売る株
Tracked: 2007-01-02 19:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。